きっと、もう傷つきたくなかった

きっと、もう傷つきたくなかった

きっと、もう傷付きたくはなかった

ここから遠く、存在が小さくなるまで。
離れてしまえば、無感動で
離れてしまえば、気配さえもなかった。
静寂の世界で、誰にもじゃまされず
心を動かすこともない。
きっと、もう傷付きたくはなかったのだ。

だけど離れた場所で、ただ傍観していると
遠くに見える世界は、止まってみえた。
街の喧騒も、誰かの笑い声も
無意味なおしゃべりと、
それを繋ぎ止める相づちも。

何も聞こえない無音の今を、
ここで、ただじっと見つめている。
気がつけば身体の輪郭は巨大に広がって、
やがて透明になり空に溶けた。
後に残ったのは、ふわふわ漂う意識のかたまり。

上空には雲が流れて、
太陽の光が地上に降り注いでいた。

私は自然の一部になってしまったのか。

答えのないおしゃべりでもいい、
愛想笑いでもいい、
街の喧騒と、誰かの笑い声と、
人の目を気にしている私も、
傷ついて落ち込んでいる私も、
無意味だと思ったことも、全部。
もう一度、躍動の渦に巻き込まれて、
漂いながらも今の大地に足を踏みしめていたい。
「ここにいる」と叫びたい。

私は自然の一部にはなりたくなかった。

(photo by @takahiro_bessho)